« ブルートゥース電波障害 | メイン | 小型ビデオカメラの承諾 »

2016年9月21日 (水)

携帯電話電波制御装置妨害機販売店

弊社では販売するジャマーについて

弊社では販売する妨害機ではジャマーと呼ばる電波妨害機です。

携帯電話やスマホやgpsなどを遮断することができます。教室や家など全てを遮断することができます。

電気工事にかかわる仕事をしていると、遮断器を扱うことも多いでしょう。
遮断器は、電気を安全に使用し、事故を防ぐための安全装置のようなものです。

GPS衛星ジャマー
そこで、今回は遮断器の種類や役割についてご紹介します。
職場では、特定の遮断器しか使わないという方も多いでしょう。
また、電気工事施工管理技士の資格試験には遮断器にかんする問題も出題されることもあります。
電気工事の仕事に就いている方や電気工事施工管理技士の資格取得を目指している方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

弊社のアンテナ8本搭載の超高性能携帯電話電波制御装置妨害機販売店

国外の移動通信の実際の情況に基づいて開発したハイテク製品です。それは半径約1-50mの

範囲内で(場所によって現場電波遮断範囲を調節できる)GSM / CDMA / DCS / PHS / TD – SCDMA /

WCDMA / CDMA 2000 / Wifi / GPS/3G/4G信号の通信電波を遮断・妨害・抑止することができます。

 

ブルートゥース電波障害遮断器の役割を説明いたします。

電気関係の「遮断器」とは、電気回路の故障や異常が起きたときに流れる電流を遮断する器具のことです。
もう少し具体的に説明しましょう。
電流が流れている回路を切るとき、電流はそれに逆らって流れようとする性質があります。
すると、火花が散るのですが、これそのままにしておくと、火災などの原因になるのです。
ですから、これを遮断するのが遮断器の役目。
遮断器が電路を遮断できるのは、平常のときのほか、短路、地路、過電流が発生したときも働きます。
過電流とは、何らかの原因で回路に流れる電流が増大することです。
このときに電流が流れっぱなしになると電線が熱くなったり回路が発火したりします。
地路とは、通常は地面やほかの場所に接しない回路の部分が地面などに接したときのこと。
短路とは、本来電流が流れるところを通らないで電流が流れる状態です。
どれも、電流を遮断しないと回路が故障してしまうでしょう。
なお、遮断器は回路の異常が起きたときだけでなく、回路の点検や検査をするときにも使用されます。

なお、WiFiジャマー信号出力はかなり小さくて、買うなら機能が多くて遮断面積が広いければ広いほどいいですね。

WiFiジャマーがとうとう出ました!Wi-Fi電波にも対応した周波数遮断機!! 主電源を入れたあと、

対応したつまみスイッチでON/OFF切替可能です。非常に簡単な操作方法です。
遮断電波は、Wi-Fi、GSM、CDMA、DCS、PHS、3Gに対応しており、基地局からの逝去信号の受信を阻止して、

端末を圏外の状態にすることにより一時的に発信や着信をできないようにする装置です。

専用リチウム充電池を内蔵し、家庭用コンセントからの電源供給となりますが、

車用ACアダプター(シガーソケット)が付属していますので、車内からでも充電が可能。

約1時間以上のご利用で本体発熱温度が高くなってきますので、低音火傷などにはご注意下さい。

関連サイト:

http://tubaki58.tuna.be/

http://bouhannstore.blog.bbiq.jp/blog/2016/09/post-de74.html

http://kajimoto.kinja.com/1786838562?rev=1474365380522

コメント

コメントを投稿